中古車 下取り

中古車を下取りに出すのはやめとけ!

私が乗っていた車は、マツダMPVでした。
走行距離は、16万キロを超えていました。
車 査定 価格

 

1年で1万キロを走っていたので、
かれこれ16年ぐらい愛車を乗り回していましたね。

 

誰でも自分の車に愛着がわきますが、
いざ新しい車にしようとした時に、

 

16万キロも走っていたら
もう売れないだろうと思いますよね、

 

車を購入してから
5年が過ぎると車の価値はなくなり
査定は0円である。

 

と聞いていましたから、
16年乗って16万キロ走っていたら
査定は0円で廃車にするのにお金がかかるだろうと
思ってしまいますよね。

 

はっきりいいます。

 

中古車を下取りに出すな!!

 

中古車を下取りに出してはいけません

私がマツダMPVを下取りに出したら
処分するのに2万円のお金が取られてしまいました。
廃車にかかった料金だそうです。

 

その時まで
ネットの無料一括サイトとか
廃車専門サイトとかを知らなかったのです。

 

だから、下取りに出す=廃車料金を出す
この図式が頭のなかにありました。

 

これからはどうしたらいいのか

車を買い換えるとき
転勤で車が要らなくなったら

 

車を友だちにあげる(諸手当は確実に)
または、
ネットで一括無料サイトを利用する
または
廃車専門サイトの申し込む(最悪でも手数料0円)

 

これを覚えておきましょう

 

私のように下取りに出すことは考えないほうがいいですね。